型屋は一人前になるまで10年ほどかかる大変な仕事ではあるが、使う人のことを思い浮かべて、「使いやすさ」「使う人が幸せになるか」を常に考えながら、仕事をしています。今は、オリジナルデザインの製品にも取り組んでいて、いままでにないデザインや、見たことはあるが、使いやすく工夫された商品を生み出したいと思っています。わたしにとって瀬戸は、良くも悪くも人懐こい人が多く、昔から変わらないまち。やきものをつくるひと・型屋にとっては材料も道具も揃ういい環境でもあります。

吉橋賢一(よしはしけんいち)
株式会社エム・エム・ヨシハシ
http://mmyoshihashi.com/