事業を行う場所を探していたとき、かつて観光で来た瀬戸の岩屋堂の魅力を思い出し、瀬戸で事業を進めることを決めました。「誰にでも必ず来る老後を、今できる人ができることを手助けする」をモットーに『特定非営利活動法人 瀬戸地域福祉を考える会まごころ』を設立し、代表理事を務めています。「私たちの老後はどうなるの?」という問題意識の元、介護保険制度が始まる前から、瀬戸市の地域福祉のことを考え活動を行っています。

市民が、自分自身がまちづくりの担い手であるという当事者意識をもって活動していくことが、瀬戸の地域福祉と町自体がより良いものになる鍵であり、瀬戸市はその土壌としては素晴らしいと思います。今後は、まちづくり=市民全体で取り組むもの、という認識が瀬戸市内にもっと広まると良いと思います。

 

大秋恵子(おおあき けいこ)
特定非営利活動法人瀬戸地域福祉を考える会まごころ
http://www.setomagokoro.jp/